酒蔵ツーリズム推進協議会 規約

第 1 章 総則

(名称)
第1条 この団体は、酒蔵ツーリズム推進協議会と称する(以下、「本協議会」という)。

(目的)
第2条 本協議会は、酒蔵ツーリズムの振興を通じて、日本産酒類(日本酒、焼酎、泡盛及び日本ワイン・ビール等)の認知拡大と価値向上、国内外の人々を対象とした酒蔵とその周辺地域の観光振興とその経済的な発展に寄与することを目的として発足する。

(活動)
第3条 本協議会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
(1) 地域資源を活用した魅力的な街づくりの推進
(2) 地域資源を活用した効果的な酒蔵ツーリズムコンテンツの開発
(3) 酒蔵ツーリズムに取り組む地域および会員相互の交流・連携に関する事業
(4) 酒造業界と観光業界その他の関係者とのネットワーク化
(5) 共同プロモーションプラットフォームの検討と開発
(6) 共同プロモーションプラットフォーム事業を運営する一般社団法人の設立準備
(7) 日本産酒類と酒造会社の価値向上を実現する戦略立案と施策の推進
(8) 酒蔵ツーリズムの振興に資する情報発信
(9) その他、本協議会の目的に資するもの

第 2 章 会員

(会員)
第4条 会員は、有識者、酒造関係業界、観光・交通関係団体、地方自治体、政府機関、協力企業で構成される。
2 会員は、別紙の団体で構成するほか、新規加入は、会長、副会長が認めた場合に限る。

(会費)
第5条 会費は無料とする。

(役員)会長 株式会社アサツー ディ・ケイ 代表取締役社長 植野 伸一
副会長 東北・夢の桜街道推進協議会 宮坂不二生
副会長 株式会社アサツー ディ・ケイ 高橋睦樹

第 3 章 事務局幹事

(設置等)
第6条 本協議会の業務を処理するため、事務局幹事を設置する。
2 事務局幹事は、株式会社アサツー ディ・ケイに委託する。

(事務局幹事の業務)
第7条 事務局幹事は、次に掲げる業務を行う。
(1) 協議会の招集
(2) 協議会会場の手配
(3) 協議会資料の作成、会員の意見集約
(4) 協議会議事概要の作成、会員への周知
(5) その他、本協議会の目的に資するもの

第 4 章 協議会の開催

(協議会の開催)
第8条 本協議会は、1 年に 1 回程度開催するほか、会長および副会長が必要と認めた場合に開催する。
2協議会は、本会活動の基本的事項の審議、決定を行う。
3協議会の議長は、会長もしくは副会長がこれにあたる。
4協議会の議決は、会員の2分の1以上で決し、可否同数の場合は、議長が決する。
5本会の事業計画、予算及び決算の承認は、協議会において行う。
6協議会が開催されない場合の承認は、E-mail にて行う。

第 5 章 会計

(会計)
第 9 条 本協議会開催および運営に必要な支出は、事務局幹事が行う。

第 6 章 規約の変更

(規約の変更)
第 10 条 この規約は、本協議会において必要に応じて変更することができる。

第 7 章 作業部会(WG)

(WG)
第 11 条 必要に応じ作業部会(WG)を設置することができる。
2 WG のメンバーは、会員に限らない。

第 8 章 補則

(補則)
第 12 条 この規約に定めるもののほか、本協議会の運営に必要な事項は、本協議会において協議するものとする。

附則

1 この規約は、平成 28 年 11 月 1 日から施行する。