『うどん県 ! 日帰り観光・ 酒蔵ツアー 』

2018/01/09 [香川県]
レポーター: 百十四銀行

百十四銀行は、めぶきフィナンシャルグループ、十六銀行、南都銀行、山口フィナンシャ ルグループ(以下、「Chance 地銀共同化行」※)と協働で、本店所在地である香川県で観光・ 酒蔵ツアーを開催しました。 「うどん県。それだけじゃない香川県」、このキャッチコピーのとおり、香川県の魅力を凝 縮したモデルコースとなっていますので、ご参考としてください。

※「Chance 地銀共同化行」は、三菱東京UFJ銀行の基幹システムを基に構築したシステ ムを共同利用する地方銀行の広域連携で、システムの共同利用のほか、様々な地域活性 化支援の取り組みを行っており、昨年 8 月に「日本酒蔵ツーリズム推進協議会」に参加 させていただきました。

<モデルコース>
まずは、香川県を代表する観光名所、栗林公園へ!! 栗林公園はお庭の国宝ともいえる「特別名勝」に指定されているだけでなく、2009 年『ミ シュラン・グリーンガイド・ジャポン』において 3 つ星に輝き「わざわざ旅行する価値が ある」と評された庭園です。1,000 本以上もの見事な松の織り成す「一歩一景」を楽しみま した。四季によって園内の見所も変化しますが、中でも富士山に見立てて造られた飛来峰 とよばれる築山から見渡す公園の景色は、いつ見ても美しいので栗林公園に足を運んだ際 は、是非飛来峰に登って景色を楽しんでください。

 

綾菊酒造で酒蔵見学
次に香川県を代表する酒蔵の 1 つである綾菊酒造を訪問しました。ここでは香川県の有 形文化財にも指定されている酒蔵と、最新の設備や管理体制が整った新工場を見学しなが ら、会社の歴史や酒の特徴、酒造りにかけるこだわりについて説明していただきました。 綾菊酒造の凄さは、3 つのポイントがあると感じました。
1 つ目は、インバウンドも受入可能な酒蔵見学の仕様となっていること。
2 つ目は、現代の名工にも選ばれた名誉杜氏「國重弘明氏」の姓「國重」が商品名に使用さ れていること。
3 つ目は、地元米オオセトを地元綾川町の農業法人と連携して開始したこと。
その後、綾菊のお酒を試飲させていただきましたが、まろやかで米の旨みと香りが豊か に広がり上品な口当たりを参加者一同楽しみました。

 

香川県に来たらうどんを食べよう!
香川県はまたの名を「うどん県」と言われており、うどん屋の件数は約 900 件、コンビ ニエンスストアの数 300 件を大幅に上回り、人口 1 万人におけるうどん・そばの店の数の 割合は全国 1 位(なんと、全国平均の 2.4 倍!)です。有名店はたくさんありますが、今回 はその中でも香川県の山奥にある「三嶋製麺所」(まんのう町)をチョイス。製麺所ならで はの作りたての麺に生卵や葱をお好みでトッピングするシンプルなメニューですが、全員 が口を揃えて「美味しい」と大絶賛!うどん県の食を堪能しました。


金刀比羅宮参拝
金刀比羅宮は、古くから「さぬきのこんぴらさん」として航海安全・海難救済を司る海 の神様として瀬戸内を見守ってきました。参道の長い石段は有名で、本宮までは 785 段、 奥社までの合計は 1,368 段にも及びます。うどんの後には腹ごなしということで、今回は 本宮まで息を切らしながら石段を上り参拝しました。本宮から見下ろす讃岐平野の景色は 石段を上った達成感も合わさり格別です。皆さんの目で味わっていただきたいので、あえ て景色の写真は掲載しません。 また、今年から「天狗守り」というお守りが奥社限定で販売されています。奥社でしか 購入出来ないということもあり、ご利益があるお守りとも言われています。金刀比羅宮を 参拝した際は本宮からの景色をたのしんだ後、体力が残っている人は奥社を目指してみま しょう。

金陵の郷(西野金陵 資料館)見学
参拝の後は表参道入口にある「金陵の郷」を見学しました。綾菊酒造と同じく香川県を 代表する酒蔵の 1 つである西野金陵は、金刀比羅宮のお神酒を納めている酒蔵です。3 つあ る酒造庫の内、参道口に面した第弐庫をお酒を通じての語らい処、誰でも入館することが できる資料館として「金陵の郷」を創設しました。ここでは酒造りに必要な道具と昔なが らの酒造りの様子が分かりやすく展示されており、日本酒の歴史とともに酒造りに対する 思いを改めて感じることができました。また、資料館入口前の大きな楠も見所の1つです。 樹齢推定約 900 年ともいわれている楠の前にはベンチもありますので、金刀比羅宮参拝の 際には是非お立ち寄りください。

お腹も心も満たされた一行は、今年 4 月から運行開始した観光列車『四国まんなか千年 ものがたり』の停車駅でもある琴平駅で解散して、この日帰り観光・酒蔵ツアーは終了し ました。 なお、今回のルートの中にはありませんでしたが、この他にも香川県には、川鶴酒造(観 音寺市)、丸尾本店(琴平町)、森國酒造(小豆島町)、勇心酒造(綾川町)の酒蔵がありま す。ただし、見学につきましては各酒造会社に事前にお問い合わせください!


【ワンポイント情報!】
綾菊酒造(代表銘柄:綾菊、住所:香川県綾歌郡綾川町山田下3393-1) http://www.ayakiku.com/
西野金陵(代表銘柄:金陵、住所:香川県仲多度郡琴平町623) http://www.nishino-kinryo.co.jp/

川鶴酒造(代表銘柄:川鶴、住所:香川県観音寺市本大町836)http://kawatsuru.com/
丸尾本店(代表銘柄:凱陣、住所:香川県仲多度郡琴平町榎井93)
森國酒造(代表銘柄:森、住所:香川県小豆郡小豆島町馬木甲1010-1)http://www.morikuni.jp/
勇心酒造(代表銘柄:勇心、住所:香川県綾歌郡綾川町小野2088-1http://www.yushin-brewer.com/