通訳案内士向け酒蔵研修ツアーin会津(レポーター:M.H)

2018/03/20 [福島県]
レポーター: M.H

【研修レポート】通訳案内士向け酒蔵研修ツアーin会津(1日目/2日間)
テーマ:会津酒テイスティング(レポーター:M.H)

日本酒のテイスティングって一体どんなことをやるのだろうか、それも会津の日本酒ってどんなものがあるのだろうか、という素朴な疑問が研修に参加するきっかけでした。講師の鈴木更紗さんは、あらゆるお酒のプロ。ビールやワインと違い、並行複発酵で作られる日本酒の作り方についてわかりやすく説明してくださったあとに、テイスティングタイム。用意してくださった、2種類の会津のお酒はどちらも、山廃造りを創始した会津有数の蔵元、末廣酒造のもの。すっきりとした果実味たっぷりの大吟醸と、コクのある山廃。ひと口に含んだ時に広がるその美味しさに、ついつい研修中であることを忘れてしまいそうになりました。
 プロが使用するスケールに当てはめて、色や味、余韻、ボディの強さなどを、一つ一つ丁寧に味わいながら確認し、その後、食べ物とのマッチングタイム。五味とのコンビネーションによる変化を確かめるために、塩、レモン汁、ままどーる、乾燥海苔チップス、唐辛子せんべい、を順々に食べながら、お酒を少しずつ口に含んでいく。甘いお菓子と合わさるとまろやかなになるお酒が、レモン汁と合わさるとキリッと変化し、海苔の旨味と合わさるとコクが増すことを知り、びっくりしました。この研修によって、日本酒を200%楽しむ方法、そして、会津のお酒の美味しさと幅の広さを理解することができました。

What is involved in Sake Tasting? And what does Aizu sake taste like? I joined this training to get the answer to these questions. The lecturer was Ms. Sarasa Suzuki, a sake specialist. First, she shared the uniqueness of sake making, which goes through multiple parallel fermentation processes, different from other alcoholic drinks such as beer and wine. Then we had tasting time, where we tried two types of sake from Suemitsu Shuzo Brewery, one of the oldest and most famous+ sake brewery in Aizu. One was Daiginjo, a fruity sake, while the oher was Yamahai, arich tasty sake. They were so good I enjoyed them so much that I almost forgot that I came here for training.
Verifying the taste using the professional scale was an exciting moment, a food-matching time was fun, too. Salt, lemon, sweets, kelp chips and spicy rice crackers were placed in front of the table. It was very surprising how the taste of sake changed based on the feed matched with it. Sweets made sake taste soft and lemon created a mild flavor. Kelp encouraged the sake’s umami taste. Through this training, I learned how to enjoy sake 200% and also about the broad tastes Aizu sake offers!