通訳案内士向け酒蔵研修ツアーin会津(レポーター:J.H)

2018/03/20 [福島県]
レポーター: J.H

【研修レポート】通訳案内士向け酒蔵研修ツアーin会津(1日目/2日間)

テーマ: 鶴ヶ城(レポーター:J.H)

鶴ヶ城は、東京から電車で2時間半の福島県会津若松市にあります。城の建物の高さは25.5メートル、石垣の高さは11メートルあり、東日本にある中世の大きな城の一つです。

鶴ヶ城は、1593年に蒲生氏郷により建造されました。城は7層の建物で、城壁は黒でした。1611年に発生した大地震により大きな被害を受けたことから、1639年に白壁の5層の城として再建されました。1868年には、会津藩と明治政府が戦い、鶴ヶ城は大きな被害を受けたことから、1874年に取り壊され、公園となっていましたが、多くの市民の強い願いが叶って、1965年に再建され約300年前の姿を現しました。

城内には多くの桜が植えられており、春にはお花見に多くの人が訪れます。また冬には、城全体が真っ白に雪に覆われる中に、赤い屋根瓦がアクセントとなって、非常に美しい姿になります。城は博物館となっていて、会津藩の歴史や侍の使用した刀や鎧、兜が展示されています。また、天守閣の最上階からは、会津若松の町並みや、遠くの山山を見渡すことができます。鶴ヶ城は、会津地方を代表する観光スポットの1つです。

 

Tsurugajo Castle is one of the biggest castles from medieval period, and is located in Aizu‐Wakamatsu city, Fukushima Prefecture, which is only two and a half hours from Tokyo by train. Its 25.5-meters-high main tower stands on stone walls that are 11-meters-high.

Tsurugajo Castle, originally seven-storied and painted black, was constructed by the feudal lord, Gamo Ujisato, in 1593. Severely damaged by a big earthquake in 1611, it was rebuilt into a five storied, white wall castle in 1639. When the emperor restored Japan (Meiji Restoration), Aizu-han (Aizu clan) fought the imperial army around the castle in 1868. The castle was greatly damaged, and as a result, it was demolished in 1874. However, the white elegant castle was restored in 1965 through the strong demands of Aizu people.

In spring, many visitors enjoy the cherry blossoms surrounding the castle, and in winter, the castle covered in white snow with its red tiled roof makes a superb scenic view.

The castle has a museum where it exhibits the history of the Aizu clan as well as samurai‘s (warrior) swords and armors. From the top floor, you can glance around the whole city and its surrounding mountains.
Tsurugajo Castle is one of the best sightseeing spots in Aizu region.