『清酒発祥の地・奈良を巡るバスツアー』(平成30年3月3日(土)開催)を開発

2018/02/13 [奈良県][近畿地方]
プロモーター: 南都銀行 公務・地域活力創造部

 

南都銀行は、一般財団法人奈良県ビジターズビューローと連携して、『清酒発祥の地・奈良を巡るバスツアー』商品を開発しました。同法人とは平成29年10月に「観光地域づくりに関する連携協定」を締結しており、本商品は、奈良県内の周遊型観光地域づくりに向け、同法人と連携して取組む企画第1弾となります。 当行は、「Chance地銀共同化行」とともに地域の観光振興を行うために、「日本酒蔵ツーリズム推進協議会」に参加しており、本商品はその一環としての企画でもあります。 ※「Chance地銀共同化行」は、三菱東京UFJ銀行の基幹システムを基に構築したシステムを共同利用する地方銀行の広域連携で、システムの共同利用のほか、様々な地域活性化支援の取組みを行っており、昨年8月に「日本酒蔵ツーリズム推進協議会」に参加させていただきました。

【ツアー概要】
「清酒発祥の地・奈良」をテーマに、お酒(日本酒)にゆかりの深い県内社寺と、地元の老舗酒蔵を奈良検定・奈良まほろばソムリエが案内・解説! 社寺では、神職や僧侶の方からのお話を拝聴するなど、大変貴重で贅沢な時を過ごせる特別企画です!

『清酒発祥の地・奈良を巡るバスツアー』のチラシは、画像をクリックして頂くことで、ご覧頂けます。

 

清酒発祥の地・奈良を巡るバスツアー
【出発日】  平成30年3月3日(土)
【募集人員】 40名(最小催行人員15名)
【旅行代金】 9,800円(大人・お1人様)
【ツアー訪問箇所】
 ①大神神社(おおみわじんじゃ)
  酒の神様として知られる大神神社
 ②正暦寺(しょうりゃくじ)
  清酒発祥の地・菩提山正暦寺。
 ③春日大社(かすがたいしゃ)
  御創建1250年を迎える春日大社
 ④奈良豊澤酒造(ならとよさわしゅぞう)
  春日大社の酒殿で御神酒を醸造している蔵元。

※ ツアーの募集・販売および実施は、奈良県ビジターズビューローが行います。


【お申込みのお問い合わせ】
一般財団法人奈良県ビジターズビューロー
http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/026tour/