能登杜氏のふるさと「聖地巡盃」 SEICHI-JUNPAI

2017/04/14 [石川県][中部地方]
プロモーター: 能登町役場ふるさと振興課

広く深い日本の良さを、「國の神々」と「國の酒」を通して識り、体験する旅が「聖地巡盃」である。「御神酒あがらぬ神はなし」と言われるほど、酒と神は縁深い。神社と酒蔵を巡ることは、我々日本人にとっての聖地巡礼なのである。

 

酒蔵ツーリズム オススメ情報!

能登町の3酒蔵と、その酒蔵に縁深い神社をめぐる謎解きルートを準備。恋愛成就ルート(宇出津)、巡り合い運上昇ルート(鵜川)、仕事運上昇ルート(松波)があり、自身に合わせたコースを選択する事が出来る。各酒蔵では見学を行うこともでき(要予約)、蔵元と交流しながら能登杜氏の醸した地酒を楽しめる。また、能登町の里山里海には、人と自然が共存する「日本の原風景」があり、新鮮な海の幸・山の幸に恵まれた豊かな食文化が堪能できる。四季折々の食と酒を同時に味わえる旅である。

酒蔵ツーリズムの見所

世界農業遺産にも認定された奥能登 能登町は、1300年以上続く農村文化や神事が多く残る「神さまが住む町」である。また能登町は日本四大杜氏集団のひとつに数えられる能登杜氏のふるさとでもある。濃厚でしっかりとした味わいを特徴とし、「吟醸酒づくりは能登流が一番」と言われるほど、数多くの銘酒を生み出してきた。懐かしいふるさとに帰ってきたような風景の中で、美味しい酒と食を堪能しに来ていただきたい。

酒蔵ツーリズムの外国語対応について

3酒蔵のうち2酒蔵には、英語説明ガイドの設置や英語対応できるスタッフが在籍している。また英語対応可能なスタッフや英語での案内標識等も進めている宿泊施設がある。このほか、町観光パンフレットの外国語対応も進めている。(英語、韓国語、中国語)

 

実施主体・体制 【主催団体】能登杜氏のふるさと「聖地巡盃」プロジェクト実行委員会
(能登杜氏組合能登町支部、能登町商工会、能登町ふれあい公社、能登町ふるさと振興課)
【後援団体】数馬酒造株式会社、株式会社鶴野酒造店、松波酒造株式会社
開催日時 常時
会場(住所) 能登町(宇出津、鵜川、松波)
アクセス方法(ルート・交通手段) のと里山空港
公式サイト(URL) http://www.seichi-junpai.jp/
参加酒蔵サイト(URL) ①数馬酒造
http://chikuha.co.jp/
②鶴野酒造店
http://www.taniizumi.jp/pc/
③松波酒造
http://www.o-eyama.com/
観光情報(宿、食、観、体験など)(URL) 能登町観光ポータルサイト http://www.notocho.jp/
問い合わせ先 石川県能登町役場ふるさと振興課 TEL:0768-62-8532
住所 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1
備考 参加費500円(税込)