日本酒が楽しめるマラソン大会、東北風土フードマラソンにご参加ください!

2018/01/19 [東北地方][宮城県]
コラムニスト: あおい有紀


3月24 日(土)と25日(日)の二日間、宮城県登米市で、東北風土マラソン&フェスティバル2018が開催されます。

東北の食、そして日本酒が楽しめるマラソン大会として人気を集め、年々参加者も増えています。すでに募集も始まっており、今回はランナーだけで過去最高の7,000人となりますので、ご興味ある方はぜひご参加ください。

ワインのボルドーマラソンとも提携しており、毎回仮装をして走る方が多く、表彰もされています。今回の仮装テーマは、ファン&ラン、です!各エイドでは東北6県の食が楽しめ、完走したランナーには、日本酒5杯無料チケットを進呈。宮城県をはじめ、東北6県の日本酒を楽しむことができますよ。

種目】
リレーマラソン(1チーム4~8人)/24(土)
KIDSスマイルラン/24(土)
フルマラソン/25(日)
ハーフマラソン/25(日)
5Km/25(日)
アシックス・トゥモローラン(中学生~高校生)3km/25(日)
アシックス・トゥモローラン(小学校高学年)2km/25(日)
アシックス・トゥモローラン(小学校低学年)1km/25(日)
親子ラン<小学生以下の子どもと親>/25(日)

子供向けのランもありますので、ご家族皆さんで楽しめるのもいいですね。
詳細、お申し込みは、こちらから。
http://tohokumarathon.com/

 

私も25日、アンバサダーの一人として、会場で日本酒ブースのお手伝いをさせていただきます。

前回は、走る前にお気に入りの日本酒を購入するというランナーの方も沢山いて、日本酒がこの大会参加の目的の一つになっていると実感。

会場で日本酒楽しみ、購入したお酒をご自宅で再度楽しむ。東北の日本酒を新たな層に知っていただける機会にもなり、嬉しいですね。

毎年200人ほどの外国人の方々も参加していますが、今回募集開始後すでに海外からの申し込みも過去最高で、アジアやアメリカからだけでなく、ポーランド、チェコ、ボスニア、エジプトなどからもエントリーしているとのこと!リピーターの外国人も増えています。

24日には、東北風土ツーリズムも開催予定。

2年前には、宮城県登米市唯一の酒蔵、石越醸造と、一ノ蔵を巡る酒蔵ツアーも初日に実施され、ガイド役をさせていただきました。バスは満席、翌日フルマラソンを走る方もおられましたが、酒蔵見学、そして日本酒を堪能するという強者揃いで楽しい時間でした。やはり造りの現場を見ながら造り手の方々のお話を伺うことで、より日本酒を身近に感じていただけたようです。

折角の機会ですし、宿泊日数を延ばして酒蔵にも足を運び、全国新酒鑑評会の金賞比率1位の宮城県、その素晴らしい日本酒の魅力に触れていただければ嬉しいです。

マラソン好きな方、仮装好きな方、食&日本酒好きな皆様、一緒に楽しみましょう!